自宅をパワースポットにする

【自宅をパワースポットに】鏡で運気アップする方法 ※玄関の鏡の置き方とNG

風水,鏡,自宅

こんにちは!【誰でも強運体質】整理収納アドバイザーの美帆です。

今回のテーマは「鏡で運気アップする方法 ※玄関の鏡の置き方とNG」です。

 

 

風水的でみると鏡は気の流れをうごかすアイテムです。

気の流れを動かすというのは、マイナスにもプラスにもなるということです。

どういう場合がプラスになり、どういう場合がマイナスになるかは、鏡を置く方位や家具の配置によってかわります。

このページでは玄関の鏡について紹介しましょう。

 

鏡の基本的な働き

鏡,運気をあげる

風水でいうと、鏡は入ってきた気を跳ね返す力があるとされています。

玄関に鏡を設置すると、入ってきた運気を増幅させて部屋に循環させるとされています。

 

玄関に鏡を置く場合 NGとおすすめの置き方

鏡は入ってきた運気を跳ね返す力があるので、玄関を入った真正面には置かないほうが吉です。

これは、入ってきた運気を跳ね返してしまうからです。

玄関を入って右側か左側に置くことになりますが、玄関に鏡をおくなら、入って右側に置くのが良いです。(総合的に)

左側に置く場合と右側に置く場合で期待できる効果を紹介します。

 

玄関を入って右の鏡と左の鏡の意味

右の鏡

玄関入って右側の鏡は、

  • 仕事運
  • 社会的地位
  • 出世
  • 名誉
  • 人気
  • 対人関係
  • 受験
  • 資格取得
  • 芸術
  • 才能

の運気をあげるとされています。

対人関係は恋愛運も含まれます。

玄関入って右側の鏡は総合的に良いといえますね。

西は芸術運+金属の方角なので、芸術運をあげたい場合は、鏡とあわせて金属のものを置くのも吉です。

 

 

左の鏡

鏡,玄関,左

玄関入って左側の鏡は、金運や財運がアップするとされています。

 

姿見(全身が映るミラー)を置く場合

玄関に全身が映る姿見があったら、外出前に身だしなみチェックができるので便利ですね。

この場合、立てかけるものより、壁にかけるタイプがおすすめです。

立てかけるものはグラグラする=不安定とされているからです。

(実際にグラグラしなくても、壁にかけるほうが運気的には吉です)

また、斜めに立てかけると入ってきた運気が乱反射することも理由です。

賃貸住宅だと壁にピッタリつけるのは難しいかもしれませんが、できるだけ壁かけするのが吉です。

 

玄関の鏡のサイズ

玄関に姿見を置く場合、サイズは「全身が映るサイズ」にしましょう。

全身が映るのに必要なサイズは、その人の身長の半分の長さが必要です。

頭が切れてしまうサイズの全身鏡はNGです。

小さめの鏡の場合は、八角形のものが吉とされています。

 

玄関に大きすぎる鏡はNG

玄関にかける鏡は大きすぎるものはNGです。

大きすぎる鏡をおくと、対人関係や健康運に悪影響があるとされています。

 

鏡の風水のNG

玄関だけでなく、どの方位でもどの部屋でも言えることですが、鏡の中に鏡が映るのはNGです。

向かい合わせに鏡を設置するのは避けましょう。

余談ですが、寝室には基本的に鏡は置かないほうが吉です。

ワンルームマンションの場合はお部屋がひとつなので仕方がないのですが、その場合は寝ている自分が鏡に映らないようにしましょう。

どうしても自分の体が映り込んでしまう場合は、最低でも上半身は映らない位置に設置しましょう。

鏡に布をかけておくのも吉です。

効果がわからない場合は置かない

鏡の風水は逆効果になる場合もあります。

効果がわからない、方位があいまいな場合は置かないほうが良いです。

鏡以外にもいえますが、風水は自宅の方位をしっかり調べてから実践しましょう。